バイデン新政権発足で動揺と分裂 陰謀論Qアノン信奉者たち

シャヤン・サルダリザデ、オルガ・ロビンソン BBCモニタリング

A Trump supporter wears face paint at a protest in Washington, DC
画像説明,

議会襲撃に参加し、逮捕・起訴されたこの男性は「Qアノン・シャーマン」として知られていた

根拠のない陰謀論「Qアノン」の信奉者たちは、自分たちが応援するドナルド・トランプ前米大統領が1月20日以降も大統領の座に留まり続けるという自分たちの予言とは裏腹に、ジョー・バイデン新大統領が就任した事態を受けて、動揺して分裂している。1月6日の連邦議会襲撃には多くのQアノン信奉者が参加し、逮捕・起訴されている。

Qアノン信奉者たちは、アメリカ政府の奥に潜む真の権力者のネットワーク「ディープ・ステイト」の関係者を、トランプ氏が逮捕し処罰するという陰謀論を信じ、バイデン氏の大統領就任は実現しないとぎりぎりまで主張していた。

それだけに、バイデン氏が20日正午前に大統領になるための宣誓をし、そして第46代合衆国大統領として就任演説をした様子に、多くのQアノン派が衝撃を受けていた。

動画説明,

ジョー・バイデン氏、宣誓して新しい米大統領に

Qアノン派に人気のチャットアプリ「テレグラム」では、「吐きたい」と書く人もいた。「あまりにでたらめばかりで、うその期待ばかりさせられて。もううんざりだ」とこの人は書いた。

その一方で、「計画」は失敗していないと主張し、別の予想や理論を見つけてはそれに飛びつく人たちもいる。

Qアノン派はもう何週間も前から、1月20日こそが審判の日になると持説を拡散し続けていた。いわく、主だった民主党関係者や、政財界にエリートとして巣くう「悪魔崇拝の小児性愛者」たちが、トランプ大統領の命令で1月20日に逮捕され処刑されるというのが、その主張の主な内容だった。

<関連記事>

しかし、バイデン新大統領が宣誓就任しても、そのような政府要人の逮捕は実現せず、Qアノン派の間では致し方なく現実を直視する人も出てきた。

「もう終わった。自分たちは担がれたんだ」と、投稿した人もいる。

動画説明,

陰謀論を広める「Qアノン」とは何か? 止める方法は?

それから数時間のうちに、陰謀論者に人気のSNS「Gab」やテレグラムなどに、数千人が同様の書き込みをした。議会襲撃を受けて、Qアノン系の投稿をする英語アカウントの多くは、米ツイッターなど主要SNSで凍結されている。

Qアノン派の間で特に影響力の大きいアカウントの投稿にさえ、混乱が見受けられるようになった。「Trust the plan(計画を信じろ)」という決まり文句も、疑う人たちが増えていった。Qアノン陰謀論とはそもそも、2017年10月に、匿名掲示板「4chan」に政府関係者「Q」を名乗るユーザーが、米政府の機密だと主張する内容の投稿を始めたことから始まっている。

ツイッターにアカウントを凍結される前には20万人のフォロワーを抱えていたインフルエンサー(SNSで影響力のある人)は、「今日は我々全員にとってとてもつらい日だ」と書いた。

「今日の就任はキリスト教徒の愛国者にとって、わけが分からないものだ。自分たちは『計画』を通じてこの国を取り戻すんだと思っていたのに」と、この人は続けた。

夫がQアノン信奉者だとうい女性はBBCに対して、夫にとって就任式当日は人生で「一番がっかりした日」だったと話した。20日の出来事で、陰謀論をかたくなに信じる夫の信念が少しでも揺らいでくれることをこの女性は期待しているが、今後の展開がどうなるのか不安だという。

「そら見たことかとか、そういうことを言って人を馬鹿にしたり見下したりしたくない」というこの女性は、夫が陰謀論にこりかたまったせいで、ここ数カ月の夫婦関係は大変だったと話した。

Qアノン派は「分裂の危機」にあると、右派SNS「Gab」に書いたインフルエンサーもいる。この人は、「大勢が怒っているので、本物の友情が修復不能なほど壊れてしまうかもしれない」とも書いている。

Qアノン派の間では、バイデン氏が就任式で宣誓する前に、何らかの形で軍関係者が(トランプ氏の命令を受けて)介入し、バイデン夫妻やカマラ・ハリス新副大統領、ナンシー・ペロシ下院議長、チャック・シューマー民主党上院院内総務、オバマ夫妻、クリントン夫妻、ブッシュ夫妻など、「ディープ・ステート」に属する全員を一網打尽にして逮捕するのだと、そういう展開が広く信じられていた。

こうしたQアノン派の混乱に乗じてすでに、テレグラム上で複数の過激主義やネオナチ勢力のチャンネルが、動揺するQアノン派を探して声をかけて勧誘するよう、自分たちの支持者に呼びかけている。

画像説明,

「私は真実を語り続ける。私はまだ諦めていない。まだ信じている。神が勝つとまだ分かっている」と書いたQアノンのインフルエンサー

一方で、「決して諦めない」というQアノン派もいる。影響力のあるアカウントの一部はフォロワーに、信念を曲げるな、簡単に諦めるなと呼びかけている。

「テレグラム」で人気のチャンネルは登録者13万人に対して、安心するようなだめている。本当はまだ舞台裏でトランプ氏と「Q」のチームが、事態を掌握しているのだと。そして「ディープ・ステート」の悪事は「今後4年間の内に暴露されていく」のだと。

中には、バイデン氏就任で「性急に」Qアノンを疑うようになった人たちへの批判も出ている。

たとえば、バイデン新大統領は実は本人が「まだ気づかないうちに」、軍施設に収監されて、囚人として政権を運営しているのだという説もある。

一方で、就任式当日にはQアノン信奉者の間で特に影響力の強いロン・ワトキンス氏が、諦めて日常に戻るよう支持者に呼びかけ、ウォッチしていた大勢を驚かせた。

暴力的で性的な過激表現が大量に書き込まれるオンライン掲示板「8chan」や「8kun」の運営にかかわるのが、ジム・ワトキンス氏。ロン氏はその息子だ。「8chan」や「8kun」は、Qアノン運動が台頭した場でもある。

そしてロン・ワトキンス氏は大統領選に不正があったという根拠のない陰謀論を大量にばらまき、1月6日に首都ワシントンに集まるようQアノン信奉者に呼びかけていた当人だ。

「自分たちは全力を尽くした」と、ワトキンス氏はテレグラムで登録者12万人に告げた。

「これからは、うなだれずに、できる限りベストな形でもとの暮らしに戻らなくては」と、同氏は書いた。さらに、「新しい大統領が宣誓就任した。そして、誰が宣誓就任したか、どうやってそうしたか、気に入ろうが気に入るまいが、憲法を尊重するのが我々の市民としての義務だ。次の政権が始まる今、ここ数年の間に作った友人や楽しい思い出を忘れないで」と書き、自分が今後計画している内容については近く発表すると付け足した。

画像説明,

Qアノン信奉者の間で特に影響力の強いロン・ワトキンス氏は「新しい大統領が宣誓就任した」、「憲法を尊重するのが我々の市民としての義務だ」と書き、日常に戻るよう支持者に呼びかけた

やがて就任式の日が終わりに近づいたころ、Qアノン信奉者のコミュニティーはまだ困惑していた。

疑問だらけなので、「Q」の投稿を待ち続けると言う人もいた。「Q」は大統領選当日以降、ほとんど沈黙していた。

トランプ氏が間もなく何か自分たちに直接、語りかけてくれるはずだと期待する人たちもいた。

今なお、相当数のQアノン派が信念を曲げず、諦めるな、信じるのをやめるなとお互いを励ましあっている。

この運動がこれからどこへ向かうのか、予測するのは難しい。

しかし、Qアノンは、世界を支配する国際的な犯罪者集団を阻止できるのは自分たちだけだと、何十万もの人をだました運動だ。これが一晩にして消えてなくなるわけがないと、陰謀論の専門家や研究者の一部は見ている。

過激主義の研究者マークアンドレ・アルジェンティノ氏は、「Qアノンの空間を出られるようになるまで、(信奉者は)脅威であり続ける」とツイッターで書いた。

「Qアノンがなくても、『Q』がいなくても、トランプがいなくても、この人たちがQアノンを信じるようになった、そうさせた核となる要素は残る。なのでこの人たちは、陰謀論を信じる自分のものの考え方や、自分の反・民主主義的な理想のはけ口を、何かほかに見つけずにはいられないはずだ」

(追加取材:マリアナ・スプリング)