台湾とシンガポールで感染急増 何がまずかったのか

イヴェット・タン、BBCニュース、シンガポール

Taiwanese people wearing a face mask pay worships at Lungshan Temple

画像提供, Getty Images

画像説明,

マスクをして寺院で手を合わせる台湾の市民

シンガポールと台湾は新型コロナウイルスの感染者がほとんど確認されず、対策に成功したと称賛されてきた。

しかし今月に入り、この2地域で感染者が急増している。シンガポールは先週だけで新規感染者が248人を記録。台湾は域内での感染が1200人を超えた。

どちらも一度に集まる人数を規制し、学校を休校にするなど、極めて厳しい社会制限を実施してきたのにだ。

世界全体で見れば、いずれの感染者数もたいしたことないようにみえる。だが当事者にとっては、つい1カ月前までは想像できなかった人数だ。何があったのか?

台湾:十分だと満足

中国が新型ウイルスの出現を報告した後、真っ先に海外からの渡航を禁止したのが台湾だった。厳しい水際対策はいまも続いている。

だが台湾の中では、人々と政府の間に大丈夫だという感覚が広がり出した。

病院は積極的な新型ウイルス検査をやめた。国立台湾大学の林先和副教授は、感染者に多い発熱の症状がある人に対しても実施されなくなったと話す。

新型ウイルス関連のデータをオンラインでまとめている「アワ・ワールド・イン・データ」によると、台湾でウイルス検査を受けたのは、2月中旬時点で1000人あたり0.57人だけだった。同じ時期、シンガポールでは6.21人、イギリスでは8.68人だった。

「症状が出ている人々の間でさえ(新型ウイルス感染症の)COVID-19になる可能性は実質的にゼロだという感覚が広がっていた」と林副教授はBBCに説明した。根底には、台湾の厳しい水際対策が新型ウイルスの侵入を許すことはないという思い込みがあったという。

「医師たちは真剣に受け止めず、病院も警戒せず、接触者の追跡もあまりしなかった。これで十分だといった感覚が間違いなくあった」

そのことをよく示していたのが、ワクチン未接種の航空機パイロットの隔離ルールだ。当初は14日間の隔離を義務付けたが、その後5日間に短縮され、さらに3日間に縮められた。

それからまもなく、中華航空のパイロット数人が絡んだ感染クラスターが発生した。パイロットらは、台湾の桃園空港近くのホテル「ノボテル」に宿泊していた。後日、イギリス型変異株「B117」に感染していることが確認された。

このウイルスが地域で拡大し、やがて台湾の「茶芸館」(風俗店)にも広まった。

画像提供, Getty Images

画像説明,

台湾では風俗街で感染が拡大した

「日本から学ばなかった」

「換気されている屋内で、人々が酒を飲んで歌い、接触を繰り返した。1カ所の茶芸館だけでなく、通りに並ぶ多くの店で同じ状況だった。ものすごい規模のスーパースプレッダー・イベント(感染を急拡大させた事案)だった」と、林副教授は話した。

伝染病学者で元台湾副総統の陳建仁教授は、ウイルス検査で陽性と判定された人の多くが、風俗街に出かけたことを隠しがちなことも、接触者の追跡をいっそう難しくしていると話す。

「ごく少数の人がルールを破っただけで拡大につながることを、今回のことは見せつけている」と陳教授は話した。

陳教授はまた、台湾が日本の風俗業界を見習わなかった点も指摘した。日本でも風俗店で感染が急拡大したが、その後に休業が要請された。

「台湾は日本から学ばず、同じ問題に直面すると考えなかった」

シンガポール国立大学(NUS)のアレックス・クック准教授は、台湾の状況について、「水際対策を重視し過ぎ、国内での感染拡大防止対策を十分取らない戦略のリスクを示している」と述べた。

シンガポール:すき間から拡大

シンガポールは、台湾と話が異なる。

感染者が少ない状況が続く中、シンガポールでは常に厳しい対策が取られてきた。会合は8人までとされ、クラブは営業が禁止されている。結婚式のような大規模な集会は、いまも参加人数が制限されている。

だが、ワクチン戦略にはまだ欠陥があり、今月半ばにはチャンギ国際空港が、今年の国内最大の感染クラスターとなった。同空港には人気ショッピングセンターがある。

当局の調査で、東南アジア諸国など高リスク国からの渡航者が到着するゾーンで働く空港スタッフに、多数の感染者が出たことが判明した。

それらのスタッフの一部は、一般の人々も利用する空港内のフードコートで食事をし、感染を拡大させた。

これを受け、シンガポールは現在、同空港の複数のターミナルを一時的に閉鎖している。

画像提供, Getty Images

画像説明,

シンガポール・チャンギ国際空港

その後、感染した人の多くが、インドで最初に見つかった感染力の強い変異株「B1617」に感染していたことが判明した。

シンガポールは、高リスクの国・地域からの航空機や乗客と、低リスクの場所から来た航空機や乗客を分けて対応すると発表した。スタッフも囲いを設けてゾーンごとに分離するとした。

インターネット上では、なぜもっと早くそうした措置を取らなかったのかと疑問視する声が出ている。問題点は1カ月前から指摘されていたという

しかし、NUS公衆衛生学部トップのテオ・イク・イン教授は、新たな変異株がシンガポール国内に入り込むのは「不可避」だったとの見方を示した。

「人々がいら立つのは理解できる。シンガポール国民の大半はとてもまじめに制限に従ってきた」

「だが私たちは、国境を完全に封鎖できる中国とは違う。私たちの国としての評判や経済は、貿易のハブ(中継地)としての地位と関係している」

「アメリカでは去年、最悪のウイルスは中国からではなく、ヨーロッパを訪れた旅行者からもたらされた。シンガポールは何カ国に対して国境を閉鎖できるというのか。1つの国を受け入れなければいいわけではないことを、理解しなくてはならない」

NUSのクック准教授は、シンガポールはまだ、感染の拡大を抑えられる可能性は高いと話す。

「『まずいことになった』と言うのはまだ早い。シンガポールは対策を強化してはいるが、かなりいい状態にある」

「1日あたりの感染者数は、人口に合わせてイギリスと比較すれば、イギリスの10%ほどだ。言い換えれば、シンガポールは新型ウイルスが手に負えなくならないように、対策を強化しているところだ」

<関連記事>

遅れているワクチン接種

シンガポールと台湾の両方を苦しめているのがワクチンだ。

台湾では状況がよかったころ、多くの人がワクチンの接種を望まなかった。台湾の在庫で最も多い英アストラゼネカ製ワクチンをめぐって、副反応が心配されたことが、人々の嫌気をいっそう強めた。

しかし、現在の感染拡大で、台湾の人々は競うようにワクチン接種を求めている。ただ、十分な量がないことが問題になっている。

台湾は人口約2400万人だが、これまでに受け取ったワクチンは30万回分だけだ。

画像提供, Getty Images

画像説明,

台湾ではアストラゼネカ製ワクチンの接種をためらう人が多い

「台湾は複数の国際企業からワクチンを買う努力をしてきたが、あまり手に入れられなかった。十分な供給のためには、自分たちで製造するしかない。このことは台湾にとって、とても大事だ」と、元副総統の陳教授は話した。

台湾は現在、独自に2種類のワクチン開発を進めている。早ければ7月末にも使用が可能になる見通しだ。

シンガポールも状況は似ている。ワクチンの供給は同国でも限定的だ。ただ政府は、年内に全国民に対してワクチン接種を実施するとしている。

「つまるところ、シンガポールは供給に限界がある。イギリスやアメリカ、中国といった国々は、自国で独自のワクチンを製造する能力がある」と、NUS公衆衛生学部のテオ教授は述べた。

「ワクチンの必要性は長期にわたると予想される。そのため、独自の製造能力を持とうとしている。実現すれば依存しなくて済むようになる」

テオ教授はまた、シンガポールと台湾における感染者の急増は、現在減少している国にとって参考になると話す。

「欧米諸国は制限を緩めているが、もっと慎重になって、世界で何が起きているのか知るべきだと思う」

「台湾とシンガポールで起きたことは、ガードを下げてはいけないということを教えている」