謎に包まれたタリバンの報道担当者、初めて公の場に アフガンの権力掌握後の会見

Taliban spokesman Zabihullah Mujahid speaks during a news conference in Kabul

画像提供, Reuters

画像説明,

タリバンの報道担当のザビフラ・ムジャヒド幹部は歴史的会見で質問に答えた

アフガニスタンの反政府組織タリバンは17日、アフガンの権力掌握後の記者会見を首都カブールで開いた。タリバンの報道担当ザビフラ・ムジャヒド幹部が記者からの質問に応じた。ムジャヒド氏が公の場に姿を見せるのは初めて。

ムジャヒド幹部はこの歴史的な記者会見で、「イスラム法(シャリア)の枠組みの中で」女性の権利を尊重すると主張するなど、記者からのさまざまな質問をうまくさばいてみせた。

会見に出席した大半のジャーナリストにとって、この会見はその内容以外にも意味があるものだった。タリバンの報道担当を務めるムジャヒド氏の顔を見るのが、今回が初めてだったからだ。ムジャヒド氏は長年、舞台裏で活動し、報道陣は電話越しにその声を聞くことしかできなかった。

動画説明,

「アフガニスタンの国土を他者の攻撃に使わせない」 タリバン幹部が会見

BBCのヤルダ・ハキーム記者は、10年以上前からやりとりをしてきたタリバン報道担当者の顔をついに目にして、「衝撃」を受けたと話す。

ムジャヒド氏は「我々は内にも外にも敵を望まない」と語るなど、融和的な雰囲気を演出しようとした。

しかし、会見での発言は、ムジャヒド氏からこれまで送られてきたテキストメールの内容とまったくかけ離れていると、ハキーム記者は言う。

「(ムジャヒド氏の)メッセージには強硬なイスラム教の教えが含まれていた。『この人はアメリカ人の血を求めているし、アフガン政府関係者の血を求めている』と思わせられる内容もあった。それが今日になって、会見に出席した彼は、報復はしないと言っている」

「何年間も血なまぐさい好戦的な声明を発表してきた人物がいきなり、平和を愛するようになるなんて。なかなか受け入れがたい」

画像提供, Reuters

画像説明,

記者会見するタリバンのムジャヒド幹部

実際、ムジャヒド氏が会見で座っていたのは、今月初めにタリバンが暗殺した、アフガン政府メディア情報局の責任者ダワ・カーン・メナパル氏が最近まで座っていた席だ。

ムジャヒド氏は当時、メナパル氏が「特殊攻撃で殺害された」と犯行を認めていた。

ムジャヒド幹部の記者会見については、ほかにも多くの記者がツイートしている。

BBCのベテラン記者、ジョン・シンプソン氏は、「今日、カブールで行われた記者会見に出席したタリバンの報道担当者を私は長年知っている。ザビフラ・ムジャヒドは比較的穏健で、感じの良い人物だ。しかし彼は、世界の恐怖を鎮めようとしており、タリバン運動の一部を代弁しているに過ぎない」と投稿した。

米紙ニューヨーク・タイムズのシャリフ・ハッサン記者は、「これは、10年以上にわたり、タリバンの報道担当ザビフラ・ムジャヒドの写真だ。彼1人だけで、ガニ政権の報道チーム全体よりも反応が早く活発だった。彼とは何度も話をし、テキストメッセ―ジでやり取りしてきたが、顔を見るのは今回が初めてだ」と書いた

顔の見えないタリバンの報道担当者は複数人いるのではないかとの憶測が、何年も前からあった。

BBCのリーズ・ドゥセット国際報道主任特派員は、ソーシャルメディア時代のはるか以前から、記者が固定電話からタリバンの報道担当者に連絡しなければならなかった時代から、ムジャヒド氏の存在について様々な憶測が飛び交っていたと話す。

17日にカメラの前に登場したムジャヒド氏は、長年にわたり記者の質問に答えてきたとは思えないほど、若々しく見えたという意見もある。

「ムジャヒドというのは仮名で、大勢の『ムジャヒド』が交代で登場していたのではないかとの憶測が長年あった。今は当然、我々は皆この人物があのザビフラ・ムジャヒドだと受け止めている。しかし、もしかしたら彼ではないのかもしれない」と、ドゥセット特派員は言う。

こうした謎はすべてタリバンのシナリオの一部だと、ハキーム記者は指摘する。

「タリバンとはそういうものだ。タリバンは組織化され、イデオロギーを共有している。偶発事態など1つもない。1人の人物を謎めかせて、突然スクリーンに登場させる。これ以上よくできた筋書きはないだろう」

ムジャヒド氏が1人の人間なのかどうかに関係なく、17日の会見での同氏の発言を警戒していたと、ハキーム記者は言う。

「注意すべき点はやはりシャリアだ。この言葉を聞いて背筋がぞっとした」

「それがどのようなものなのか、タリバンはまだ説明していないので」

「これがタリバンの特徴だ。彼らは人を欺き、時に魅力的で、適切な言葉を使う術を知っている。彼らを信じるべきかどうかははっきりとはわからない」

「謎は多い。(中略)でも本当にタリバンが何者なのか、私たちは知っているのだろうか?」

動画説明,

アフガニスタンのニュース放送に女性キャスター戻る