スパイ活動

  1. George Blake

    イギリスの情報機関MI6の元職員で、冷戦時代に旧ソビエト連邦の二重スパイとなったことで知られるジョージ・ブレイク氏が26日、亡命先のロシアで死去した。98歳だった。同国メディアが報じた。

    もっと読む
    next
  2. Putin critic Alexei Navalny

    毒物で重篤な状態に陥ったロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏が、ロシアの工作員から、神経剤ノビチョクを使った自身への攻撃の詳細を聞き出した。調査報道団体「Bellingcat」が21日に報じた。

    もっと読む
    next
  3. John le Carré

    スパイから転身して小説家になった故ジョン・ル・カレ氏の作品世界は、やがて現実のスパイの世界に影響を与えるようになった。

    もっと読む
    next
  4. John le Carré

    東西冷戦中に英情報部で働いた経験をもとに世界的な作家になったジョン・ル・カレ氏は、決して華やかではなく、冷徹で時にみじめな諜報活動の世界を描き出した。

    もっと読む
    next
  5. John le Carré

    冷戦時代のスパイ活動を描いた小説で知られる英作家、ジョン・ル・カレ(本名デイヴィッド・コーンウェル)氏が、英南西部コーンウォルの病院で現地時間12日夜、肺炎のため亡くなった。89歳だった。

    もっと読む
    next
  6. Sir Sean Connery

    映画で初めてジェイムズ・ボンド役を演じた英スコットランド出身の俳優、サー・ショーン・コネリーが亡くなった。家族が31日、明らかにした。

    もっと読む
    next
  7. Voters

    アメリカ政府の情報機関を統括するジョン・ラトクリフ国家情報長官は21日、イランとロシアが「アメリカの登録有権者情報の一部を入手した」ようだと記者会見で明らかにした。

    もっと読む
    next
  8. Alexei Navalny and his wife, Yulia Navalnaya

    毒物による重篤な症状に見舞われたロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏(44)が、1日発売のドイツ誌のインタビューで、ウラジーミル・プーチン大統領の指示で毒を盛られたとの考えを語った。

    もっと読む
    next
  9. Putin critic Alexei Navalny

    毒物による重篤症状が出て治療を受けていたロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏(44)が22日、入院先のドイツ・ベルリンの病院を退院した。病院が23日に明らかにした。

    もっと読む
    next
  10. China and US flags are seen near a TikTok logo

    アメリカのドナルド・トランプ大統領は19日、中国企業の動画共有アプリ「TikTok」のアメリカ事業継続を可能にする、米ソフトウエア大手オラクルなどとの提携案を承認すると明らかにした。

    もっと読む
    next