インターネット

  1. Brian Jung

    「Z世代」と呼ばれる若者には、暗号資産の投資にはまる人が多い。大きくもうけることもある一方、投資家保護のルールがないこの市場で、全財産を失うほどの大損失を出す人もいる。

    もっと読む
    next
  2. Bitcoin token UK, US and euro bank notes.

    暗号資産(仮想通貨)交換業の米コインベースによると、ビットコインの価値が週末にかけて下がり続け、3万4000ドル(約445万円)を割り込んだ。

    もっと読む
    next
  3. Bitcoin

    アフリカ中央部の国、中央アフリカが27日、暗号資産(仮想通貨)のビットコインを法定通貨に採用したと発表した。世界で2カ国目。

    もっと読む
    next
  4. Video content

    Video caption: ウクライナのSNS投稿の検証方法、BBCの偽情報検証チームが解説
  5. Patrick Paumen's payment chip implant lights up

    人体に初めてマイクロチップが埋め込まれたのは1998年のことだ。しかし、この技術が商業化されたのはここ10年ほどだという。一方、安全性などの面で慎重論を唱える専門家もいる。

    もっと読む
    next
  6. Putin playing with two dogs in the snow

    ソーシャルネットワーク上にはロシアの指導者を称賛する内容が多数投稿され、何百万人もの人がそれを閲覧している。

    もっと読む
    next
  7. arnie

    ハリウッド俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー氏がロシア国民に反戦を呼びかける動画が、ロシアのソーシャルメディアで話題になっている。

    もっと読む
    next
  8. Photo from the production set of Ukrainian TV series Contamin

    ロシアのウクライナ侵攻から2週間近くが経過した今、戦争はでっちあげだ、メディアの捏造(ねつぞう)だ、あるいは西側諸国によってその規模が誇張されているという偽の主張が、拡散・共有され始めている。

    もっと読む
    next
  9. Aircraft taking part in the Victory Day celebrations over Moscow in 2020

    ロシアが24日にウクライナに侵攻したことを受け、ソーシャルメディアには現地の様子だと触れ込む、偽物や誤情報を含む動画や写真が投稿されている。BBCが調査した中には、ウクライナやその他の地域で起きた過去の紛争の映像や、軍事訓練の様子の画像などがあった。

    もっと読む
    next