ラグビーW杯

  1. Japan celebrate

    国籍も文化も違う、様々なルーツを持つ選手で構成された日本代表が、「ONE TEAM」となって戦う姿が感動を呼んだ。日本社会の多様化は、まだ始まったばかりだ。

    もっと読む
    next
  2. Siya Kolisi and Cyril Ramaphosa

    日本の躍進に国中が沸き、南アフリカの優勝に多くの人が感動した。ラグビーW杯日本大会は、スポーツに何ができるのかを示した大会となった。

    もっと読む
    next
  3. Siya Kolisi

    「今回の優勝は、1995年の初優勝を超える大きな意味がある」。ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会における南アフリカの優勝を、初優勝時の主将だったフランソワ・ピーナール氏はそう評する。

    もっと読む
    next
  4. Kotaro Matsushima

    「これまでで最も素晴らしい大会」。2日に閉幕したラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を、国際統括団体ワールドラグビーが高く評価した。

    もっと読む
    next
  5. South Africa celebrate

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、決勝があり、南アフリカ(世界3位)が王座を獲得した。イングランド(同1位)と横浜国際総合競技場(横浜市)で対決し、32-12で勝利した。

    もっと読む
    next
  6. Ben Smith (R) of New Zealand celebrates with Sam Cane and Aaron Smith

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は1日、東京スタジアムで3位決定戦があり、ニュージーランド(世界3位)が6トライを奪って40-17でウェールズ(同4位)を突き放して勝利した。

    もっと読む
    next
  7. Maro Itoje, Owen Farrel, Siya Kolisi and Faf de Klerk

    ラグビーW杯はついに世界王者を決める試合を迎える。知将のもとで鍛え抜いた両チームは、それぞれの国民の期待を背に、ただひとつの目標に向かって一丸となって突進する。

    もっと読む
    next
  8. Players slosh through a game of tambo rugby in Kyoto, western Japan

    日本で誕生したばかりのあるスポーツが、あらゆる人を魅了している。子供たちはキャッキャと声を上げ、プロのラグビー選手までもが注目している。汚れずにプレーすることが不可能なスポーツとは――。

    もっと読む
    next
  9. haka

    ニュージーランド代表と対戦するチームがまず直面するのが、伝統的な踊り「ハカ」だ。今大会はこれまでにない向き合い方もみられ、ハカをめぐる議論が起きている。

    もっと読む
    next