ブレグジット

  1. Boris Johnson in the House of Commons

    イギリス議会は22日、欧州連合(EU)離脱協定を法制化するための関連法案を可決した。ボリス・ジョンソン首相は、「ブレグジット(イギリスのEU離脱)のゴールラインを越えた」と述べた。

    もっと読む
    next
  2. British Prime Minister Boris Johnson meets EU Commission President Ursula von der Leyen at 10 Downing Street, 8 January 2020

    EUは14日、ブレグジット後に始まる将来の関係性をめぐる交渉について27加盟国の外交官を招いたセミナーを開始。今後の交渉にまつわるいくつかの重要な要素を明らかにした。

    もっと読む
    next
  3. Nicola Sturgeon during an independence statement at Bute House in December

    イギリス政府は14日、スコットランド自治政府のニコラ・スタージョン首相が求めていた、独立をめぐる2度目の住民投票を正式に拒否した。

    もっと読む
    next
  4. Flags in Westminster

    英下院(定数650)は9日、ボリス・ジョンソン首相が欧州連合(EU)と取りまとめたEU離脱協定を国内で法制化するために法案を、330対231の賛成多数で可決した。

    もっと読む
    next
  5. Peaches Geldof, a bus burning during the London riots, and Barack Obama

    2010年1月。アメリカではバラク・オバマ大統領が任期1年目を迎えていた。インスタグラムも、ブレグジットという言葉もまだ発明されていなかった。

    もっと読む
    next
  6. European Commission Vice-President Frans Timmermans

    欧州委員会のフランス・ティメルマンス第1副委員長は26日、英紙ガーディアンへの寄稿で、イギリスの欧州連合(EU)離脱で「深く傷ついた」と述べた上で、「いつでも戻ってきてほしい」としめくくった。

    もっと読む
    next
  7. Boris Johnson in the Commons

    イギリス下院(定数650)は20日、欧州連合(EU)離脱協定法案を358対234の賛成多数で可決した。ボリス・ジョンソン首相は、「イギリスはブレグジット(イギリスのEU離脱)実現に一歩近付いた」と述べた。

    もっと読む
    next
  8. Boris Johnson

    イギリスのボリス・ジョンソン首相は19日、欧州連合(EU)離脱協定を国内で法制化するための離脱協定法案を発表した。20日にも最初の採決を行う予定。

    もっと読む
    next
  9. Tony Blair

    イギリスのトニー・ブレア元首相は18日、最大野党・労働党の総選挙での敗北について、ジェレミー・コービン党首を批判する演説を行った。

    もっと読む
    next