ロシア陸連の資格停止を勧告 反ドーピング機関
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ロシア陸連の資格停止を勧告 反ドーピング機関

ロシアの陸上競技選手のドーピングが組織的に行われていたとされる問題で、世界反ドーピング機関(WADA)の第三者委員会はロシアの大会出場を停止すべきだと国際陸上競技連盟(IAAF)に勧告した。記者会見したディック・パウンド委員長は、ロシアの治安当局者がドーピング検査の現場にいたことに触れ、「選手の尿にどんな関心があったのか分からない」と皮肉った。