米各州知事がシリア難民拒否 大統領選候補にも賛否
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

米で一部の州知事がシリア難民拒否 大統領選候補にも賛否

米国の一部の州で、知事がシリア難民の受け入れの拒否を相次いで表明した。パリ連続襲撃事件を受けて治安への懸念が高まっているためだが、難民支援団体からは「迫害を逃れてきた人々」に対する不当な扱いだとの怒りの声が上がっている。来年の大統領選挙の候補からは移民に対する宗教テストの提案も。オバマ大統領は「アメリカらしくない」と批判している。