インドネシア脅かす過激派 ジャカルタ襲撃の前にも 
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

インドネシア脅かす過激派 ジャカルタ襲撃の前にも 

インドネシアでは、2002年にバリ島で起きた爆弾攻撃事件をはじめ、これまで何度も過激派グループによる攻撃が起きている。オーストラリア人88人を含む200人以上が犠牲となったバリ島の攻撃には、イスラム国家の樹立を目指す過激派「ジェマ・イスラミア」が関わっていた。世界最大のイスラム教徒人口を抱えるものの、政治と宗教を区別する「世俗主義」を標榜するインドネシアが安定を維持できるかどうかは、世界にとっても大きな意味を持つ。