出だしから気まずかった共和党討論会 ブーイングも
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

【米大統領選2016】出だしから気まずかった共和党討論会 ブーイングも

今年11月の米大統領選に向けて討論会が何度も繰り返されてきたが、気まずい展開という意味では8日の共和党討論会が一番だったかもしれない。

候補者の入場アナウンスがもたつき、呼ばれたのが聞こえなかったベン・カーソン医師はいつまでも袖で待ちぼうけをくらう羽目になった。

「静かに」とジェブ・ブッシュ氏の発言を制止したドナルド・トランプ氏は、会場に盛大にブーイングされた。

知事としての手腕を攻撃されたクリス・クリスティー氏は、マーコ・ルビオ上院議員は暗記した演説を繰り返すしかできないと罵倒した。

(ビデオ制作 オリビア・レース=エバンズ)