ブリュッセルの住宅地で強制捜査と銃撃
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ブリュッセルの住宅地で強制捜査と銃撃

ベルギーの首都ブリュッセル郊外で15日、昨年11月にパリで起きた連続襲撃事件に関連した強制捜査が行われ、容疑者1人が銃撃戦で死亡した。

住宅地の広い範囲が非常線で封鎖され、住民たちは出入りができなくなった。

デイミアン・グラマティカス記者が報告する。