猫を飼ったら……重い自閉症と言われた娘に変化が
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

猫と出会い……重い自閉症と言われた少女に変化が

英中部に住む6歳のアイリス・グレイスちゃんは幼いころに重度の自閉症と診断され、最初の数年は外の世界とほとんど意思疎通ができなかった。しかし家族が、メインクーンの子猫トゥーラを迎えて以来、アイリスちゃんの生活は一変したという。

優れた画家としても評判のアイリスちゃんの母親、アラベラ・カーター=ジョンソンさんに話を聞いた。

ホームビデオは、アラベラ・カーター=ジョンソンさん提供。