パルミラ奪還 かなりの遺跡は残り
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

奪還パルミラのドローン映像 かなりの遺跡は残り

2015年5月に過激派勢力「イスラム国」(IS)がシリアの古代都市遺跡パルミラを制圧してから10カ月たった3月27日、シリア政府軍はパルミラ奪還に成功したと発表した。

ドローン(小型無人機)による空撮映像を見ると、懸念されていたように遺跡が破壊されつくしているということはなく、かなりの部分が残っている。

ベン・ブランド記者が報告する。

(英語記事 Palmyra: A look inside recaptured ancient city in Syria