被災4日後のスーパー 並ぶ人たち
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

【熊本地震】被災4日後のスーパー 店内は危険でも外で行列

避難所での物不足が指摘されるなか、被災した熊本の人たちは、どうやって生活に必要なものを調達しているのか。強い揺れで天井の一部が落ちたため店内には入れない熊本市のスーパーは19日、店の外に商品を並べて臨時のレジを用意し、住民のニーズに応えていた。

20日の営業再開を目指す店先から、BBCのロビン・ブラント記者が報告する。