英女王、中国使節は「とても失礼だった」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

英女王、中国使節は「とても失礼だった」

昨年10月に習近平中国国家主席が英国を公式訪問した際の中国代表団について、エリザベス女王が「とても失礼だった」と発言していたことが明らかになった。女王の生誕90歳を祝いバッキンガム宮殿で10日に開かれた園遊会で、訪問対応の総指揮にあたったロンドン警視庁の警視長と女王が会話する映像が公表された。