ドイツ極左議員、顔にケーキ押し付けられ 移民受け入れめぐり?
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ドイツ極左議員、顔にケーキ押し付けられ 移民受け入れめぐり?

ドイツ野党議員が28日、会議中に何者かにチョコレートケーキを顔に押し付けられるハプニングがあった。移民受け入れ制限を呼びかけていることへの抗議とみられる。

ドイツ極左・左翼党のザーラ・バーゲンクネヒト議員は、中部マグデブルクで開かれていた左翼党の会議に出席中だった。

左翼党は移民受け入れを支持しているが、バーゲンクネヒト議員は人数制限を呼びかけており、党内で対立していた。

会場では「反ファシスト運動『人嫌いにケーキを』」を名乗る集団がチラシを配り、移民受け入れに関する議員の姿勢が、ケーキ攻撃の理由だと説明した。

(ビデオには音声解説なし)