オーランド乱射 武器入手があまりに簡単な社会で
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

オーランド乱射 武器入手があまりに簡単な社会で

米フロリダ州オーランドで12日未明、ゲイ・ナイトクラブで男が銃を乱射し、50人が死亡し53人が負傷した。現場から母親に「死んじゃうと思う」とメッセージを送った息子がいた。生死が分からない息子を必死に探す母親もいた。

アメリカであまりに何度も繰り返される光景がまたしても展開した事件を受けて、オバマ米大統領はこれを「テロ(恐怖)とヘイト(憎悪)の行為」だと強く非難する一方、強力な武器があまりに簡単に手に入る現状を批判し、「自分たちの国はそういう国でいいのか決めなくては」と述べた。

銃声の響く現場の様子から大統領の会見まで、近年のアメリカで最悪の乱射事件について、ジョン・ソープルBBC北米編集長が報告する。