オバマ氏、乱射遺族に「銃を持つ自由を説明してみるといい」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

オバマ氏、戦闘武器を持つ自由を乱射遺族に「説明してみるといい」

オバマ米大統領は16日、ゲイクラブ「パルス」が襲撃され49人が死亡した米フロリダ州オーランドを訪れ、事件に使われた自動小銃など殺傷能力が高い武器を所有する自由を主張する人たちは、乱射事件の遺族たちに会って自分たちの理屈を説明してみるといいと批判した。遺族を慰問した後の演説で述べた。