英首相官邸の猫ラリーは残留
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

英首相官邸の猫ラリーは残留

キャメロン英首相は13日、退任してダウニング街10番地の首相官邸を去ったが、官邸「ネズミ取り長官」の猫ラリーは、当日の朝も報道陣の前を悠然と歩きまわった。

ラリーはキャメロン家の猫ではなく、首相官邸スタッフの猫なので、首相が交代してもそのまま残留となった。

キャメロン氏は同日午後、首相として臨んだ最後の下院首相代表質問で、ラリーが官邸に留まることについて「私がラリーを愛していないのではと詮索されているが、そんなことはない。これが証拠だ」と写真を提示した