相模原市の障害者施設殺傷 できることはなかったのか
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

相模原市の障害者施設殺傷 できることはなかったのか

神奈川県相模原市緑区の障害者施設で26日に入居者19人が刃物で殺害された事件は、日本で起きた大量殺人としては戦後最悪となった。現場で取材するジョン・サドワース記者は、日本国内では悲しみに沈むなかも、事件を未然に防ぐことはできなかったのとの議論がすでに巻き起こっているとリポートしている。