爆弾を作らされた少女 ISがイラクで少数派迫害
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

爆弾を作らされた少女 ISがイラクで少数派迫害

イラクの少数派ヤジディ教徒の少女が過激派組織のいわゆる「イスラム国」(IS)に爆弾を作らされた経験を語った。

2014年にISがイラク北西部を支配下に治めた際、ヤジディ教徒の男性は改宗に応じなければ即座に殺され、女性や子どもはイラクの別の地域や隣国シリアに強制移住させられた。今でも3200人が奴隷状態にされているという。

BBCのナフィセ・コネバード記者がリポートする。