モスルから着の身着のままで脱出「命からがら走った」

過激派組織「イスラム国」(IS)が支配するイラク北部モスルの奪還作戦が10月17日に始まった時、数千人の市民が市内から着の身着のままで脱出した。

様々な方法でモスルの南部アルシューラまでたどり着いた人たちに、BBCペルシャ語のナフィセ・コーハバルド記者が話を聞いた。