【移民危機】カレーの「ジャングル」を出て 仏移民施設の中では

英仏海峡近くにある仏カレーの移民キャンプ、通称「ジャングル」から退去した人たちは、フランス各地の移民センターに移動した。

BBCのヒュー・スコーフィルド記者は、パリから約70キロ南東にあるそうしたセンターのひとつに来た人たちの様子を取材した。