英国の大気汚染で「年間4万人早期死亡」の根拠は?
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

英国の大気汚染で「年間4万人早期死亡」の数字の根拠は?

英国では大気汚染で年間4万人が早期に死亡していると広く伝えられ、国民の健康にとって危機的状況だと言われることも多い。しかし実際にはどうなのか。

大気汚染対策を厳しく推進すれば、ディーゼル車規制やヒースロー空港の第3滑走路建設計画など、具体的な施策に影響する。

「4万人」という数字の根拠、そして本当に「危機」なのかを、BBCのマーク・ローベル記者が探った。