オバマ米大統領と人種問題 前進したのか悪化したのか

米国初の黒人大統領となったバラク・オバマ氏は、1960年代の公民権運動の記念碑的な場所の多くを国定記念物に指定している。

オバマ大統領の登場によって、米国の黒人社会は奮い立ったという意見はもちろんあるが、逆にオバマ氏は人種対立を悪化させたという意見もある。

BBC北米特派員のアリーム・マクブール記者が、南部アラバマ州から報告する。