ロシア政府の機密漏洩 ハッキング集団の関係者に聞く
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ロシア政府の機密漏洩 ハッカー集団の関係者に聞く

ロシア当局は今年に入り、政府機密などを公表して有名になったロシアのハッカー集団「シャルタイ・ボルタイ」(ハンプティ・ダンプティ、ずんぐりむっくりの意味)の幹部3人を逮捕した。

逮捕された元記者のウラジーミル・アニケエフ氏と共に「シャルタイ・ボルタイ」を立ち上げたというアレクサンドル・ グラザスティコフ氏は、エストニアの首都タリンに滞在中。BBCモスクワ特派員のスティーブ・ローゼンバーグ記者が、ハッキングの動機や目的について話を聞いた。

グラザスティコフ氏によると、アニケエフ氏は昨年半ば、ロシア連邦保安庁(FSB)高官に協力を持ちかけられ、これに応じた。

「シャルタイ・ボルタイ」関係者の逮捕と相次ぎ、ロシア当局はFSBの情報セキュリティー関係の高官や将校らを逮捕。FSB情報セキュリティー部門の副責任者だったセルゲイ・ミハイロフ被告は、米国のために働いた反逆罪の疑いで起訴されている。

ロシア政府は、「シャルタイ・ボルタイ」関係者の逮捕と、FSB高官らの逮捕は無関係だと説明している。

またグラザスティコフ氏は、米民主党本部などロシア国外でのハッキングに自分たちは関係していないと話した。

(英語記事 Meeting one of Russia's Humpty Dumpty hackers