どちらもひとりぼっちだった……2匹の子トラが対面し
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

どちらもひとりぼっちだった……2匹の子トラが対面し

米ワシントンのスミソニアン国立動物園で生まれた絶滅危惧種のスマトラトラの子供は、母親に育児放棄されてしまった。カリフォルニア州のサンディエゴ動物園サファリパークにいるベンガルトラの子供は、8月にメキシコ国境から密輸されそうになっていたのを、税関に発見され保護された。

スマトラトラの子供は生後約9週間。ベンガルトラの子供は生後約7週間だ。

動物園関係者は、2匹は一緒に育った方が良いのではないかと考え、サンディエゴで9月11日に初めて対面させてみた。

すると2匹は……。