「キャリアをだめにしてやると」―ヒッチコック監督のセクハラでTヘドレン氏
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「キャリアをだめにしてやると」―ヒッチコック監督のセクハラでTヘドレン氏

映画界の大物ハービー・ワインスティーン氏に対するセクハラや性的暴行の訴えが相次ぐなか、英映画監督の故アルフレッド・ヒッチコック氏から1960年代にセクハラを受けていたと告白した米女優ティッピ・ヘドレン氏がBBCのインタビューに応じた。

映画「鳥」などで主演したヘドレン氏は、ヒッチコック氏が誘いを受け入れなければ「キャリアをぶち壊してやる」と言われたものの、動じるそぶりはみせなかったという。ヘドレン氏は、性的嫌がらせに「ノー」と言うのは全くもって受け入れられる答えだと語った。