「この地面には大量の血が」 スレブレニツァ大虐殺の生存者
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「この地面には大量の血が」 スレブレニツァ大虐殺の生存者

旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所(ICTY)は22日、1992~95年のボスニア・ヘルツェゴビナ内戦でジェノサイド(集団虐殺)などの罪に問われたセルビア人司令官ラトコ・ムラディッチ被告(74)に対して、終身刑を言い渡した。

この判決に先立ちBBCは、1995年にスレブレニツァの大虐殺で身内のほとんどを失い、自分も死んだふりをしてかろうじて生き延びたメブルディン・オリッチさんに話を聞いた。