フリン前補佐官が有罪認め なぜ重要か
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

フリン前補佐官が有罪認め なぜ重要なのか

ドナルド・トランプ米大統領の選挙中からの側近だったマイケル・フリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が1日、連邦捜査局(FBI)に虚偽の供述をした罪で起訴され、ワシントンの連邦地裁で有罪を認めた。

BBCのアンソニー・ザーカー記者が、なぜ重要なのかを解説する。