「何があったか私たちは忘れない」 トランプ氏糾弾の女性
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「何があったか私たちは忘れない」 トランプ氏糾弾の女性

ドナルド・トランプ米大統領による性的加害行動の被害に遭ったと訴える女性3人が11日、ニューヨークで記者会見を開いた。トランプ氏に無理やり触られ、なでられ、キスされ、侮辱された、嫌がらせをされたと糾弾する女性たちは、連邦議会に調査を求めた。ホワイトハウスは、女性たちが「嘘の主張」をしていると反論している。

昨年の大統領選前に初めて名乗り出たジェシカ・リーズさんは30年以上前、飛行機のファーストクラスでトランプ氏の隣に座り、性的に暴行されたと公表した。そういう経験をした人は「何があったか忘れない」とリーズさんは、BBCのラジニ・バイディヤナザン記者のインタビューに答えた。