米で暮らす20万人の保護、来年9月に打ち切り 「息子泣き出した」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

米で暮らす20万人の保護、来年9月に打ち切り 「息子泣き出した」

米国土安全保障省は8日、国内で暮らす中米エルサルバドル人に与えている一時保護資格(TPS)を、2019年9月で打ち切ると発表した。約20万人が対象になる見込み。

家族と米国で暮らしてきたフアン・コルテスさんも、その1人だ。