27年前の統一「コリア」で優勝 選手たちが育んだ友情
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

27年前の統一「コリア」 優勝選手たちが育んだ友情

現在開催中の平昌冬季五輪では、韓国と北朝鮮の両選手団が開会式で統一チーム「コリア」の旗の下、入場行進した。しかし、南北が統一チームを作ったのはこれが初めてではない。

1991年に千葉市で開かれた世界卓球選手権で、韓国と北朝鮮は統一「コリア」チームで出場し、女子団体で優勝した。共同キャプテンを務めた韓国の玄選手は、北朝鮮のキャプテンだった李選手との再会を長年試みてきたが、今だに実現できていない。2人が強い絆を育んだ当時を、玄選手が振り返った。