ヒョウやクマと一緒に生活 インドの野生動物「孤児院」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ヒョウやクマと一緒に生活 インドの野生動物「孤児院」

プラカッシュ・アムテさんは、インド中西部のマハラシュトラ州で親を狩猟で殺された野生動物の「孤児院」を運営している。

44年にわたって動物たちの世話をしてきたというアムテさんは、「ヒョウやハイエナが残酷だというのは誤解だ」と話す。

しかし、野生動物の飼育を禁じる野生動物保護法を根拠に、昨年11月に認可が更新されなかったため、「孤児院」は存続の危機に瀕している。