米キリスト教伝道師、ビリー・グレアム師 「死んだと聞いても信じるな」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

米キリスト教伝道師、ビリー・グレアム師 「死んだと聞いても信じるな」

米国のキリスト教伝道者、ビリー・グレアム師が21日、ノースカロライナ州の自宅で亡くなった。99歳だった。

数万人を集める大規模礼拝やテレビ礼拝を定着させた「テレバンジェリズム(テレビを使った伝道活動)」の第一人者で、歴代の大統領にも助言をするなど、戦後米国で大きな影響力を持った。

(日本ではしばしば「グラハム」と表記されてきましたが、原音に近く「グレアム」と表記します)