乱射事件後に米NRA会長が非難した7つのこと
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

乱射事件後にNRA会長が非難した7つのこと

今月14日に米フロリダ州の高校で17人が死亡した銃乱射事件を受けた銃規制の議論をめぐり、規制強化に反対してきた全米ライフル協会(NRA)のウェイン・ラピエール会長は22日、民主党やメディアが乱射事件を自分たちの目的に「利用」していると批判した。

ラピエール会長が非難した7つのこととは。