援助物資と引き換えに女性に性行為要求 援助スタッフが非難
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

援助物資と引き換えに女性に性行為要求 援助スタッフが非難

シリア南部で国連や国際援助団体の援助物資を現地で住民に届ける配給所で、訪れる女性たちに援助と引き換えに性行為を要求する行動が横行していることが、BBCの取材で分かった。

人道援助スタッフはBBCに、ダラアやクネイトラのいわゆる「地元行政当局」の職員が、セックスと引き換えに女性たちに穀物の袋を余分に渡したり、自宅まで車で送り届けていると話した。断る女性には食料を一切与えないこともあるという。

国連は問題の指摘を認識しており、住民女性たちが搾取されないよう対策を講じたと話している。