昨年のホーキング博士、誕生日に何を祝いたいか質問され
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ホーキング博士、昨年の誕生日に何を祝いたいか質問され

14日に76歳で死去した英物理学者のスティーブン・ホーキング氏は、21歳の時に運動ニューロン病と診断され、余命2~3年だと告げられた。

昨年1月に75歳の誕生日を迎えた際に、BBCのパラブ・ゴーシュ科学担当編集委員が博士に、何を祝いたいか尋ねた。