ロシアによる毒殺未遂 ユーシチェンコ元大統領の場合
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ロシアによる毒殺未遂  元ウクライナ大統領の場合

元ウクライナ大統領のビクトル・ユーシチェンコ氏は14年前、親ロシア派の対立候補と大統領選を争っている際、食事にダイオキシンを盛られた。

英南部ソールズベリーでロシアの元情報将校と娘に対する毒殺未遂事件が起きたのを受けて、ユーシチェンコ氏は欧州各国にロシアの脅威に目を覚ますよう呼びかけている。

当時について、そして今回の事件を受けての思いをBBCに語った。