行方不明の娘と24年ぶりに涙の再会 中国
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

行方不明の娘と24年ぶりに涙の再会 中国

中国・成都に住む王明清さんと劉登英さんは、1994年に3歳で行方不明になった娘の啓風さんを24年間、探していた。

突破口が見つかったのは昨年のことだ。里親のもとで育った啓風さん(現在の名前は康英さん)が、ソーシャルメディアの投稿を見て家族に連絡した。

中国では年間約2万人の子供が行方不明になっているという。