モスクワのごみ危機 被害は別の自治体に
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

モスクワのごみ危機 被害は別の自治体に

モスクワには、ごみをリサイクルする仕組みがない。ロシアの首都から出る大量のごみは、周囲を取り巻く埋立地の処理場に次々と運ばれるが、それが各地の環境汚染につながっている。

モスクワ郊外の自治体によっては、「警戒警報」を発令して住民にガスマスクや呼吸器を配布するほど、ごみ埋立地からの公害が悪化している。