野生のゾウが「喫煙」? 初の様子に科学者困惑
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

野生のゾウが「喫煙」? 初の映像に科学者困惑

インド南部カルナータカ州のナガルホール森林で2016年4月、「喫煙」するゾウの様子が撮影されていた。

インド野生動物保護協会の科学者、ビナイ・クマール氏は、これまでビデオの「重要性を十分に気づいていなかった」ため、公表していなかったと話す。

ゾウがなぜ口から煙を吐いているのか理由ははっきりしないが、同協会によるとゾウは地面から「木炭を拾い上げて口に含み」、「灰を吹き飛ばしている」様子。協会によると、「野生のゾウのこうした行動が撮影されたのは今回がおそらく初めてで、科学者や専門家は困惑している」という。

クマール氏によると、トラを撮影するため早朝に森に入ったところ、約50メートル先で雌のゾウが煙を吐き出しているのに気づき、撮影を始めた。

「まるでゾウが喫煙しているように見えた。灰をたくさん鼻でつかんで口に近づけて、煙を一気に吐いていた」とクマール氏は言う。

ビデオを見たゾウに詳しい生物学者バルン・ゴスワミ氏は、「おそらく木炭を口に入れようとしている」のだと説明する。「炭に毒物が吸着しやすいのは周知のことだ。栄養価はあまりないが、野生動物は解毒剤としての効果を知っているのかもしれない」という。

(映像提供:ビナイ・クマール氏)

(英語記事 'Smoking' elephant in India baffles experts