シリアの化学兵器疑惑 子供たちにも被害
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

シリアの化学兵器疑惑 子供たちにも被害

シリア政府軍と反政府派の戦闘が続く首都ダマスカス近郊の東グータ地区で、政府軍が化学兵器攻撃を行った可能性が指摘されている。

この動画では、子供たちが治療を受ける様子が映されており、中には呼吸困難に陥っている子供もいる。

反政府勢力が支配する東グータ地区のドゥーマでは7日に数十人が死亡したと言われているが、シリア政府は化学兵器の疑惑を否定している。