トランプ氏、「リビア方式」否定 北朝鮮は「とても裕福になる」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

トランプ氏、「リビア方式」否定 北朝鮮は「とても裕福になる」

ドナルド・トランプ大統領は17日、北朝鮮の非核化について、いわゆる「リビア方式」は適用しないと発言した。非核化後に体制が覆されたリビアの経緯を知る北朝鮮の、懸念緩和が目的とみられる。

ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が2003年に当時のリビア指導者、ムアンマル・カダフィ大佐は制裁解除と引き換えに核兵器放棄に同意した「リビア方式」に言及したところ、北朝鮮がボルトン発言に強く反発した。

これを受けてトランプ氏は、2003年の合意ではなく2011年のカダフィ政権崩壊とカダフィ大佐殺害を念頭に、北朝鮮の場合はそのようなことにならないと述べた。