【ロイヤル・ウェディング】 ブラック・カルチャーと愛にあふれ
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ブラック・カルチャーあふれたロイヤル・ウェディング 真新しく新鮮

英ウィンザー城で19日に行われたハリー王子とメガン妃の結婚式は、メガン妃の母親のアフリカ系米国人としての伝統をふんだんに取り入れ、英王室の行事としては画期的なものになった。

式で歌った英国の黒人ゴスペル合唱団、チェロを演奏した若いアフリカ系英国人の音楽家、そして愛の力について情熱的に語ったアフリカ系米国人の聖職者に話を聞いた。