1日の研修で足りる? 米スタバ、「無意識の偏見」研修
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

1日の研修で足りる? 米スタバ、「無意識の偏見」研修

今年4月に店内で友人を待っていただけの黒人男性たちを店員が通報し、男性たちが逮捕された問題で、米スターバックスは5月末に米国内の8000店舗を一時閉鎖し、従業員に人種差別防止研修を受けてもらう方針を明らかにした。

しかし、そういう研修は個人や組織の行動にどう影響するのか。

慈善団体職員を対象にバージニア州リッチモンドで行われた、同種の研修を取材した。