「100歳まで生きたら破産する」 ソーシャルケアの現実、施設入居者が語る
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「100歳まで生きたら破産する」 ソーシャルケアの現実、施設入居者が語る

多くの高齢者が、ソーシャルケアの費用を自費でまかなっている。資金が底を尽きれば、不足したまま取り残されると話す。

英ドーセット州の養護施設に住む人々に、長生きすることや福祉サービスを受けること、その費用について話を聞いた。