「バスが私を救った」 夫を亡くしたパキスタン女性の物語
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「バスが私を救った」 夫を亡くしたパキスタン女性の物語

パキスタンに住むアシアさんは、バスの運転手となったことでジェンダーの壁を乗り越えた。

パキスタンでは夫をなくした女性は孤立し、縁起が悪い存在として扱われている。

しかし、こうした女性たちを支援する小口融資(マイクロファイナンス)プロジェクトが、彼女たちの生活を変えている。