トランプ氏とプーチン氏、多岐にわたり同意見 首脳会談
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

トランプ氏とプーチン氏、多岐にわたり同意見 首脳会談

ドナルド・トランプ米大統領は16日、フィンランド・ヘルシンキでロシアのウラジーミル・プーチン大統領と会談し、2016年米大統領選にロシア政府が介入したという疑惑について、ロシアを擁護した。

トランプ氏はさらに、ロシア疑惑の捜査は米国にとって「とんでもないひどいことだ」述べ、ロシアの介入に自分の選挙陣営が結託したとの疑惑についても、「結託などなかった」と従来の主張を繰り返した。

介入から結託、そして米ロ関係のリセットについても、トランプ氏は米国の情報機関より、プーチン氏と同意見のようだった。